お知らせ

2018年5月30日水曜日

【Release】九州初!デジタル上での入居申込・審査手続きを開始


2018年6月1日より電子署名「DocuSign」を利用した入居申込・審査手続きを
(株)明和不動産のアパマンショップ熊本駅店が導入開始!
業務処理のデジタル化で、お客様の申込手続きの効率化を実現

MILIVE GROUP傘下の株式会社明和不動産(代表取締役:川口英之介)は、同グループ会社の株式会社明和不動産管理(代表取締役:川口圭介)が管理を行う賃貸物件を対象に、デジタルソリューション(DocuSign(ドキュサイン)※1)を利用して、電子署名にて入居申込・審査手続きをデジタル上で完結できるサービスの導入を開始します。「DocuSign」を利用した入居申込・審査手続きのデジタル化は国内の不動産業界では初の試みとなります。

2018年5月上旬より、同社のアパマンショップ熊本駅店で一部のお客様を対象に、入居申込・審査手続きデジタル化の利用・検証を行って参りましたが、この度2018年6月1日より、同店にて正式にサービスとして導入を開始することとなりました。従来、お客様が物件申込をする際には、入居申込書と保証会社申込書のそれぞれに必要事項の記入と署名を行い、身分証の写しを準備する必要がありましたが、本サービスの導入により、お客様は店頭のタブレット端末にて情報の入力と電子署名を行い、身分証の写真を撮影してアップロードするだけで申込みが完了となります。

更に、保証会社申込書の情報はそのまま提携保証会社である株式会社オリエントコーポレーション(代表取締役社長:河野 雅明)へ自動で送信されます。従来のプロセスにあった、書面をFAXにて送信する手間が省け、よりスピーディーな審査対応につながります。

またこれを機に、従来は紙ベースで記入いただいていた希望条件等のヒアリングシートに関しても、タブレット端末を利用した入力に切り替えを行いますので、ご来店から申込までの一連の流れを全てペーパーレスにすることが可能となります。


今回は同店に限ったサービス提供となりますが、7月以降には同社の賃貸仲介店舗全店に同サービスを導入する予定です。

同社では、申込後の賃貸借契約手続きに関しても、順次電子署名を利用したサービスの導入準備を進めおり、今後は「来店~申込~契約」までの全てのプロセスでデジタル化によるお客様の利便性の向上を目指しています。

※1DocuSign(ドキュサイン)について DocuSign(ドキュサイン)は、ドキュサイン・ジャパン株式会社(代表取締役社長 
兼 米国本社バイスプレジデント:小枝逸人)が提供する、完全ペーパレスによる本当のデジタル・ビジネスを実現するソリューションです。
電子署名などの機能により、時間や場所や端末を問わずに、誰でも安心して安全な環境で書類の署名、送付、管理ができる様になります。
ドキュサインは、現在188ヶ国において225,000社、8,500万人を超えるユーザーにより利用されており、毎日平均85,000人の
ユニーク・ユーザーがドキュサインのグローバル・トラスト・ネットワークに加わっています。
詳細については、ウェブサイト(https://www.docusign.jp/)をご覧ください。



【当件に関するお問い合わせ】
ミリーヴ株式会社
TEL:096-322-8717
FAX:096-322-8718
E-mail:pr-news@meiwa.jp
担当:鴻池(コウノイケ)、近藤(コンドウ)